JUNO-Compact レーザ

JUNO-Compact レーザ

省スペース、省電力化、豊富な波長ラインアップを実現した
JUNO-Compact レーザ

コントローラとレーザヘッドが分離されているJUNO-Compact レーザは、半導体レーザ励起固体レーザおよび各種波長の半導体レーザをモジュール化したダイレクトダイオードレーザで構成し、16波長を取り揃えています。超小型で同一インターフェースに設計されたJUNO-Compact シリーズは、装置の省スペース、省電力化を可能とし、豊富な波長ラインアップにより各種アプリケーションに対する選択性を高め、装置組込型レーザとして最適化されています。

分離されたコントローラとレーザヘッドは互換性を維持しており、同一波長で異なるレーザヘッドまたは、異なる波長のレーザヘッドに対しても無調整で交換が可能で、装置設計の簡素化と保守の容易性を可能にしています。(532nm-500/800mW, 532nm-5000/6000mWは除く)

405nm - 1064nmの波長帯域で、偏波面保存型シングルモードファイバーに結合したレーザは、SOC独自のファイバーカップル光学系を用いることにより、約80%の結合効率が得られ、動作周囲温度範囲における出力の安定性と-20dB以上の偏光消光比を備えています。

装置組込型のレーザに加え、キースイッチ、シャッター、エミッションランプなどを装備し、米国CDRH安全規格に準拠した、AC電源入力型の製品もラインアップしています。

主要性能

  • 豊富な波長ラインアップ - 375, 405, 445, 473, 488, 505, 515, 532, 542, 561, 594, 635, 640, 642, 785, 1064 nm
  • 高信頼性、長寿命、低消費電力
  • 低ノイズ
  • 組込容易なコンパクト設計
  • ファイバーカップルモデル
  • CEマーキング対応

各種製品に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

TEL 03-5450-5133

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

このページのトップへ