高精度非球面ミラー

高精度非球面ミラー

高精度非球面ミラー

低膨張ガラスセラミック、合成石英、シリコンカーバイド(SiC)、その他、各種金属材料を用いた非球面鏡です。軸外しを含む放物面ミラーはオートコリメーションテストによりλ/20まで保証可能です。高次の非球面係数を持つ非球面鏡はスティッチング干渉計、プロフィロメータによる面精度測定となりますが、非球面レンズと同様、形状により加工精度が大きく異なりますので、設計の早い段階でご相談いただくことをお勧めいたします。
各種望遠鏡用の主鏡、副鏡のほか、レーザ加工用のフォーカシングミラーとして最適です。

主な特徴

  • MRF® ,A-FJP®などのNC研磨による高精度非球面加工
  • スティッチング干渉計(SSI-A®),オートコリメーションテストを含む複合的な面精度評価
  • ※MRF® 及びSSI-A®はQED Technologies社の商標です。A-FJP ®はOptoTech社の商標です
非球面加工例
高精度非球面ミラーの非球面加工例
面精度測定の比較
高精度非球面ミラーの面精度測定の比較

製造仕様

外径寸法 材質 非球面量 面精度
最大φ300mm 合成石英,各種光学ガラス,CaF2,SiC等 30μm程度 (コーニック面の場合制限なし) λ/100 rms以上(λ=632.8nm)

各種製品に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

TEL 03-5450-5133

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

このページのトップへ